リカレント教育を受けるメリット4選【就職・転職編】

リカレント教育は就職や転職でメリットがある学び直し・リカレント教育

リカレント教育に興味を持つきっかけは人によって違います。
それでも就職や転職を検討しているうちにリカレント教育に興味をもった、という人は多いはずです。

いまどき転職は珍しいことではありません。
それでも未経験の業種や職種への転職はたいへんです。
これまでの経験が重視されるからです。

たしかに経験は大事ですが「学び」は経験不足を補ってくれます。
あとで紹介しますが、データがこれを証明しています。

この記事では、リカレント教育が就職や転職に与えるメリットの中でも特に影響が大きい4つ紹介します。
その4とつは

  • 無職からでも就職できる確率アップ
  • 希望する職種や専門的な職種への就職率アップ
  • 転職によって年収が上がる確率が上がる
  • 専門的な仕事ができる確率が上がる

です。
就職や転職を考えている方はぜひリカレント教育を検討してください。
きっと就職や転職活動に良い影響を与るはずです。

無職から就職できる確率アップ

ふつう、無職やフリーターの状態から企業に正社員として就職するのは大変です。
けれどリカレント教育を受ければ無職からでも就職できる確率が高くなります。

1年学ぶと就職率が約11%上がる

内閣府がおこなった
「人生100年時代の人材と働き方[1]内閣府:社会人の学び直し(リカレント教育)とキャリア・アップ
という調査があります。
この調査によると、働いていない無職の人がリカレント教育を受けると就職できる確率が高くなっています。
1年間学ぶと就職できる確率が11.1%あがったので、無視できない効果があります。

どうしても就職したいなら通学がおすすめ

ひとことでリカレント教育といっても

  • 大学・大学院
  • 専門学校・職業訓練学校
  • 通信講座
  • 講演会・セミナー
  • 社内・社外の勉強会
  • 書籍

など、たくさんの学習方法があります。

この中でもっとも就職できる確率が上がるのは大学や専門学校のような「通学」して学ぶ勉強方法です。
これも内閣府の調査によってわかったことです。

通学のような

  • 教師に教えてもらえる
  • ほかの人(生徒)と一緒に学ぶ

という環境だと、独学と比較すると効果的に学習できます。
それに、企業の採用担当者も
「お金を払って通学している=学習へのモチベーションが高い」
という事実を評価してくれるのでしょう。

「通学」は就職への影響力が極めて高い

就職後も学び続けると年収アップが期待できる

無職から正社員になったとしても、待遇が悪かったら元も子もありません。
けれど、もし待遇が悪くてもリカレント教育を継続すると年収がアップする確率が上がります。
さきほど紹介した内閣府の調査では

  • リカレント教育を受けた人
  • リカレント教育を受けていない人

この両者の年収の違いも調査しています。

結果を紹介すると、学び直しを続けた人は3年の間に年収が平均すると15.7万円増えています。
3年間で月収にすると1万円以上増えてるので、悪くない数字ですね。
もし運悪く就職先の待遇がいまいちでも、自分から学習することによって給料を上げることができるのです。
つまり、努力することが大切なのですね。

学びなおす期間が長くなると年収も増えた

「やりたい仕事」ができる確率が上がる

第一生命経済研究所は学び直しをした人が希望する仕事ができているかを調査しています。[2]第一生命経済研究所:人生100年時代の働き方に関する調査
この調査では転職した人を

  • 学び直し経験者
  • (学び直しを)将来おこないたい人
  • (学び直しを)おこなうつもりはない人

この3つのグループに分け、希望する仕事ができるようになったかをアンケートで聞いています。
アンケート結果を見てみましょう。

「学び直し」をすると希望する仕事に就職しやすい

学び直し経験者は、学び直しをするつもりが無い人よりも15%以上高い確率で希望する仕事に就職できています。
「好きな仕事」や「やりたい仕事」をしたいなら学び直しがおすすめ、ということですね。

専門的な仕事に就職できる確率アップ

リカレント教育を受けるメリットは希望する職種に転職できることだけではありません。
AIやロボットに仕事を奪われにくとされている
「専門的な仕事」
への就職率も、わずかですが上がります。

専門的な仕事をすればAIやロボットに仕事が奪われない、ということではありません。
弁護士のような専門的な仕事でもAI化やロボット化はどんどん進みます。
それでも単純作業よりは専門的な仕事の方が仕事が奪われにくい、というのは事実です。
だから、リカレント教育を受けて専門的な仕事への就職を狙うのはアリだと思います。

専門的な仕事への就職率アップ

転職して年収がアップする確率が高くなる

さきほど紹介した第一生命によるアンケートの中には
「転職によって年収が増えたかどうか」
という項目があります。
この結果を見てみましょう。

転職して年収が上がる確率アップ

違いは一目瞭然ですね。
学び直しに対しての意欲が高い人ほど、転職したときに年収があがる確率が高くなります。

年収アップとちかい内容ですが、リカレント教育を受けると転職したときに昇格する確率が上がるという結果もでています。
ふつう、昇格すれば年収もあがる確率が高いので、やはりリカレント教育は収入面でよい効果が期待できそうです。

リカレント教育は就職・転職において大きなアピール材料になる

ここまでデータを見るとリカレント教育は

  • 就職
  • 転職

するときに、かなり良い効果が期待できることがわかりました。

やはり、お金と時間をかけて何かを学んだという事実は採用担当者によい印象を与えるのでしょう。
たしかに

  • 学ぶことに対してのモチベーションが高い
  • 学んで知識を向上させた実績がある

という人材は、いそうでいないものです。
高く評価されるのも納得です。

だから、もしリカレント教育で学び直しをした人は積極的にアピールをしましょう。
社会の変化のスピードがあがっている時代では、どんな職業に就いても学びつづけることが重要です。
学ぶことの重要さを理解している会社や採用担当者と出会えれば、きっと相手も好印象を持ってくれるはずです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました